勤怠管理システムで業務負担の軽減

img-1

勤怠管理システムは社員の勤務状況を把握するために用いられます。タイムカードや電子カード、交通系ICカード、スマートフォンなどで打刻できるので簡単に導入できます。
勤怠管理システムで、今まで把握しづらかった勤怠状況も分かりやすくなります。


勤怠管理システムはソフトウェアをインストールするタイプ、クラウド上で管理するタイプがあります。

タイムレコーダーの最新情報を公開しています。

料金も月額を支払うタイプ、無料で使えるタイプもあり、機能も提供している会社によって違いがあります。社員数がさほど多くない場合は、無料で使える勤怠管理システムから始めてみるのもいいでしょう。

システムによって、使える機能が違います。


有料で使うシステムの場合はお試し機能や期間が設定されているので、使い心地を試してみましょう。



初期費用無料、ユーザー一人につき数百円、月額個低料金などの料金形態があります。

1人1人に合った@niftyニュースについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

勤怠管理システムは勤怠だけではなく、給与計算ソフトとも連携が出来ます。今まで手作業で行っていた給与計算も、このシステムを使えばすぐに計算可能です。


集計、計算に時間を取られて効率が悪いと感じている人におすすめです。
また、最近のシステムは人工知能を使っているものもあり、社員のモチベーションが分かるタイプもあります。
社員の離職率を下げることも可能です。その他にもシフト管理、社員管理、出勤管理、スケジュール共有、残業計算、コスト管理など、職場の状況に合わせた機能が搭載されています。


関連リンク

img-2
勤怠管理システムの価格

昔は紙のタイムカードが主流でしたが、現在は勤怠管理システムが主流になってきています。紙のタイムカードは不正が容易であるという問題点があります。...

more
img-2
勤怠管理のクラウドの強みとは

勤怠管理システムのクラウドの強みとは何かといいますとその導入のしやすさにあり、また導入コストも安い面が挙げられます。いまではスマートフォンは一般化しており、各社員何等かの形で所有しています。...

more
top