勤怠管理システムの拡張性

img-1

勤怠管理は会社に勤務している社員やパートタイマーなどの出勤状況をいつでも確認することができるようにします。

管理という事になるためいつでも最新の勤務状況が確認できなければなりません。



手作業で管理をするのはやはり限界があります。
勤務している社員やパートタイマーの人数が少ないなら毎日のタイムカードを確認するなどで管理することも可能ですが、人数が多い、複数の部門に分かれているような場合は手作業では無理です。
勤怠管理を仕組みとして運用する勤怠管理システムがあれば、人数が多くても複数に部門が分かれていても効率的に管理することができます。

幅広い分野の視点から勤怠システムに関する情報を公開しているサイトです。

その仕組みとしては、タイムレコーダーから勤怠情報が入ってくるようにして勤怠管理システムで勤務日数や時間数など計算します。
勤怠は基本的には自由ではありませんので上司が承認するなど確定情報として確認することができるようにしておくことが必要です。

勤怠管理システムを取り入れることで他にも機能的に利用することが出来るようになります。


その拡張性としては給与計算などのシステムとの連携です。

あなたに合ったYOMIURI ONLINEに有効なサイトです。

勤怠管理システムでは残業時間なども自動的に計算することが出来るようになります。出勤日数や公休日数、有給休暇や特別休暇、勤務時間数、残業時間数などが勤怠管理システムで実績を取ることが出来るようになれば、その内容を上司が承認して給与計算に利用することが出来るようになります。勤怠管理だけでなく給与計算にも利用することでより効率的に管理できます。

関連リンク

img-2
勤怠管理システムの価格

昔は紙のタイムカードが主流でしたが、現在は勤怠管理システムが主流になってきています。紙のタイムカードは不正が容易であるという問題点があります。...

more
img-2
勤怠管理のクラウドの強みとは

勤怠管理システムのクラウドの強みとは何かといいますとその導入のしやすさにあり、また導入コストも安い面が挙げられます。いまではスマートフォンは一般化しており、各社員何等かの形で所有しています。...

more
top