勤怠管理システムの価格

img-1

昔は紙のタイムカードが主流でしたが、現在は勤怠管理システムが主流になってきています。

紙のタイムカードは不正が容易であるという問題点があります。

遅刻をしてきた人の友人が代わりにタイムカードを打刻するといったことは、防ぐことが難しいこともあります。

タイムカードの勤怠管理がとても人気であることがわかります。

また、集計・確認のための人件費もかかる上、人間の手による確認ではミスも出ます。

勤怠管理システムなら、そういったタイムカードの欠点を克服することができます。


コンピュータが計算をするので、一瞬で集計することができ、計算ミスが出ることもありません。



勤怠管理システムの唯一の欠点として、導入のためのコストがかかるということがあげられましたが、現在ではそのコストもかからなくなってきています。


クラウドの勤怠管理システムなら、月額200円というコストで導入ができるところもあります。

@niftyニュースの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

さらに30日間は無料でお試しができるといったように、初回は無料で試せるというキャンペーンをやっていることもあります。

月額200円でも、人数が増えればそれなりのコストになります。


人数が多い場合には、人数にかかわらず固定料金で5000円といったようなところを選ぶという手もあります。


ITの基本的な知識がないと、導入することには不安があるかもしれませんが、無料トライアルもあるので、その期間に使いやすさなどを確かめるとよいでしょう。


勤怠管理システムは、タイムカードと比べてメリットが多く、これからの時代の主流となりそうです。


関連リンク

img-2
勤怠管理システムの価格

昔は紙のタイムカードが主流でしたが、現在は勤怠管理システムが主流になってきています。紙のタイムカードは不正が容易であるという問題点があります。...

more
img-2
勤怠管理のクラウドの強みとは

勤怠管理システムのクラウドの強みとは何かといいますとその導入のしやすさにあり、また導入コストも安い面が挙げられます。いまではスマートフォンは一般化しており、各社員何等かの形で所有しています。...

more
top