夜行バスのスキーツアーを快適にするために確認を

夜行バスを利用したスキーツアーを利用するにあたり、集合時間や持って行くものなどの確認もすることです。

行き先にもよるものの出発時刻は、22時から25時の間になります。大阪なら新大阪、東京が出発地なら池袋や新宿というように、主要駅のあるエリアが、夜行バスで行くスキーツアーの発着地です。アクセスが良い場所であり出発時刻が遅いので、金曜の仕事を終えて会社からそのまま、バスの発着地に向かいツアーへ参加することもできます。主要駅へのバス送迎をするケースもあるので、サラリーマンなど忙しい人でも利用をすると便利です。

出発は金曜の深夜で、現地には土曜の早朝には到着をして、その日の夜にはまた夜行バスへ乗車して、日曜朝には戻るプランも、社会人に人気があります。まだ若く体力のある社会人には、スケジュール的にも都合がよく、費用を抑えてスキーに活けるだけに活用する人は多いです。若い人にはお金が無くても体力がありますから、体力だけは自信ありという人なら、日曜の夕方に出発で深夜に到着プランの利用もできます。

現地で元気にウィンタースポーツをするためには、移動時間に眠ることも大切です。ツアーに参加する際夜行バスに乗る時には、楽でありながら体温調整ができる恰好で乗るようにします。楽なことを優先して、ジャージやスウェット姿でバスに乗る人もいますが、夜はバス内で眠るだけなので問題はありません。走行中のバス内は消灯になりますが、音を気にするなら耳栓を持参します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *