東京発で行く富士山のよさ

以外に思うかたも少なくありませんが、東京発で行く富士山は、そんなに遠くありません。

今は観光バスも多く出ていますが、おすすめできるのは、レンタカーやマイカーで、高速道路を使う行き方です。明確な利点はまず集合時間や集団行動という縛りがないので、その日そのときの自分たちの気分や体調、天気で自由に変更、移動が可能なことです。いくら富士山がキレイでも、寄りたくないところに無駄に寄らされて時間をロスするのはもったいないので、車の運転ができる人がいればレンタカーやマイカーだと自由に富士山を堪能することがしやすいです。

東京発で行く富士山は、長くても三時間くらいで行けることが多いですから、トイレの心配などもあまり有りませんし、その日の朝に天気がよいとわかれば、お昼前に出発すれば丸一日近く富士山を楽しむことが可能です。朝に東京発で行くならば、富士湖畔の幾つかを一日でめぐる事も可能です。これは他の地域に居る方にはあまり出来ない事ですから、お得な観光プランと言えます。

帰りも高速道路を使ってもいいですし、金銭面で節約したいなら帰りだけ高速道路を使わないという手もあります。帰りはゆっくりで良いわけですから、そうしてお金を浮かせれば、お土産やご飯にお金を回すことも可能です。河口湖などの湖畔越しに見ると、季節によっては花と富士と湖の三つ巴写真が撮れたりします。とくに春は花が綺麗ですから、より綺麗な写真をおさめることが出来たりします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *