尾瀬のバスツアーが人を惹きつける理由

夏が来れば思い出す、というフレーズで始まる歌「夏の思い出」に登場する花・ミズバショウの群生地として知られる尾瀬は、バスツアーを利用して年間多くの観光客が訪れる有名な地域です。

高山植物や湿地帯ならではの珍しい植物が多く生えていて、季節によって違う表情を見ることが出来るので、何度行っても飽きないという人も多くいます。そんな尾瀬にはバスツアーを利用してリフレッシュを目的とされることもあり、湿原の中を通る木道を散策すると癒されるとして人気です。周囲には、至仏山や燧ヶ岳といった2千メートル級の山も多くあり、中級者や上級者向けのコースによっては登山を楽しめるものもあります。

尾瀬のバスツアーが人をひきつけている理由には、雄大な自然や美しい風景があるのは言うまでもありません。しかし子どもや女性でも歩きやすいように木道が整備されている場所が多く、初心者でも気軽に楽しめるのも魅力となっているのでしょう。そんな尾瀬のバスツアーでは、ツアーにより美味しい水や、群馬県の名物グルメをいただけることもあります。

またコースによっては帰路の途中で温泉に立ち寄り入浴をすることが出来る場合もあります。美しい大自然の中で散策して過ごし、リフレッシュできるとともに、その地ならではのグルメや温泉を楽しめるなど、当日の朝や前日の深夜に出発する日帰りのツアーであっても、ちょっとした旅行気分を味わえるのが尾瀬のバスツアーが人をひきつけている理由でもあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *