季節ごとに楽しめる尾瀬のバスツアー

おおよそ1万年前に出来たと考えられている尾瀬は、バスツアーでも人気の高い自然豊かなエリアです。

国立公園に指定されているほか、日本百景にも選ばれた独特の湿原が広がる盆地で、周囲には2千メートル級のいくつもの山に囲まれてもいます。そんな尾瀬にバスツアーで訪れた人の目的はハイキングや登山が多く、季節ごとに見どころのある自然の風景をおもいおもいに楽しんでいます。最も知られたこの地の植物といえばやはりミズバショウで、この花の見ごろとなる5月の終りから6月の中旬までの季節は尾瀬のバスツアーでもベストシーズンとされていて、多くの人に人気です。

しかし、それ以外にも様々な花や植物を見ることが出来、春から秋にかけてはそれぞれの季節ごとに変わる風景を楽しめます。リュウキンカは明るい黄色の花をつけるキンポウゲ科の植物で、沼地や湿地帯に生えているのが特徴です。5月の終わりごろから7月の初め頃までの尾瀬のバスツアーでは見ることが出来るでしょう。

また6月の中ごろから7月の中ごろまで見られるワタスゲはカヤツリグサ科の植物で、フワフワした白い綿のような穂が長い茎の先端に付いているのが特徴です。そのほか、鮮やかな黄色の花が群生する様が見事なニッコウキスゲは夏の尾瀬のバスツアーの見どころのひとつとして人気の植物で、7月の初め頃から8月の初め頃まで楽しむことができます。このように、季節ごとに様々な植物が見ごろを迎えるので、それぞれの季節ごとに訪れる人も沢山いるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *