日帰り?泊まり?首都圏からのスキー&スノボツアー

首都圏からのスキー&スノボツアーと言えば、大きく分けて、中央自動車道、関越自動車道、東北自動車道の3つの高速道路沿いのエリアで行き先を決めることが多いものです。

中央自動車のエリアで有名なのは、何と言っても長野県の白馬です。雪質が良く、降雪量も豊富で、ビギナーからベテランまで、支持者の多い地域です。全国に名の知れたスキー場も多く、スキーヤー&スノーボーダーの聖地の一つと言っても過言ではありません。ただし、インターからは少し離れた場所にあることが多いので、泊まりがけで出掛けると良いようです。一方で、富士山麓や諏訪インターからすぐのゲレンデもあり、手軽な日帰り旅行に向いている場所もあります。関越自動車道は新潟方面のゲレンデが充実。

特に上越から湯沢のエリアはスキー場の数が豊富です。インターからのアクセスが良いことや、車だけでなく、首都圏からの鉄道ルートも便利なので、これを利用した日帰りスキー&スノボツアーもたくさんあります。このエリアはホテルや温泉を備えたところも多くあり、スノーリゾートとして楽しめるのも魅力です。

また、群馬にもいくつかゲレンデがあり、東京から近いという地の利を生かして日帰りスキーヤー&をターゲットにした設備を整えているスキー場もあります。東北自動車道のエリアのうち、岩手や山形など北東北は、雪質が良く大きなゲレンデがある地域。何泊か押さえて存分に満喫したい憧れの名ゲレンデが数多あります。一方、東京に近い福島や栃木にも質の良いゲレンデが多く、日帰り客を見込んだ設備の充実したスキー場もあり、日帰りスキー&スノボツアーにも利用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *