スノボ旅行ツアーの交通手段について

スノボ旅行には、週末を利用する日帰りや休暇を利用した宿泊を伴うものなど、それぞれによっても楽しみ方に違いがあります。

自分たちの車を用意しない場合にはツアーへの参加が広く利用されており、交通手段としては、バス、飛行機、新幹線の3つがあります。まず、バスによるスノボ旅行は、日帰りも含めて最も多く利用されている交通手段となります。例えば日帰りツアーの場合、バスでは夜発と朝発の2つから選べるようになっており、夜発の場合には長時間ゲレンデで楽しむことができます。

朝発の場合には、体調管理がしやすいことや途中の会話を楽しめることがあり、反面、滑る時間が短くなる難点があります。飛行機を利用するスノボ旅行は、まず、飛行機の出発時刻によってツアーの価格が左右されます。一般的に、往路の午前便や復路の午後便はフライト追加料金を設けているツアーが多く、例えば、羽田から新千歳までの場合には10、000円近くの追加料金が発生します。そのために、仮に安いツアーを選んだとしては最終的な総額は高くなることになり、利用する場合には内容をよく確認をした上で申込みをする必要があります。

新幹線の場合には、限定列車を利用することで安くスノボ旅行をすることができます。ただし、限定列車の場合には乗り遅れた場合には費用が無駄になります。指定列車の場合には、遅れても後続の列車を利用することができることがあり、帰りも好きな時間に帰ることができるなど、限定列車には無い自由度があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *