フリープラン型ツアーのメリットとデメリット

土地勘が無い上に言葉も通じない海外旅行中に見舞われてしまうトラブルというのは、些細なことでも大きな精神的負担になります。

個人的に訪れている場合は、誰かにサポートしてもらうということも難しく途方に暮れてしまいます。しかし、団体ツアーであれば個々の動きが制限されてしまい、窮屈に感じられてしまうこともあります。そこで、団体のツアーと個人旅行の良い所を組み合わせたようなプランがフリープラン型と呼ばれるものです。一般的なツアーと同じく旅行代理店から購入することができ、滞在先で困ってしまった際に旅行代理店に相談が行えるというものです。

どのような相談をしても良いため、計画を立てる際に困った場合は最適な観光地を尋ねても良いのです。当然、ツアー中にお財布やパスポートが盗難に遭ってしまったというような大事になった時もサポートしてもらえます。言葉が通じない環境下においてトラブルが生じてしまった場合、日本語で助けを求めることができるというのは、とても頼もしく感じられるでしょう。

こうした頼もしいメリットがある反面、やはりデメリットも存在しています。注意点はいくつか存在するのですが、ツアーで滞在する都市は一箇所に限られるということが基本となっています。ホテルも同じ場所に宿泊し続けることになるので、長期間旅行する場合はアクティブに行動できない印象を抱いてしまう可能性があります。ホテルから離れて動くことができないため、全ての事柄が宿泊先が起点となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *