日本人に馴染みの薄いリトアニアツアー

リトアニアは日本とあまり交流のない国なので、ツアーもほとんどありません。3000個もの湖と森が豊かな自然と調和した国で、リトアニアとして独立をしてからはツアー客をもてなすためにインフラを整備しました。

ホテルやキャンプ場、ゲストハウスなど宿泊施設が充実しています。首都のヴィリニュスは観光の定番で、ネリス川とヴィルニャ川の合流点に位置します。1994年には旧市街が世界文化遺産に登録されました。バロック様式の建物が多いですが、それ以前の建物としてゴシック様式、それ以降の建築スタイルである古典様式、20世紀の折衷主義など建築物だけでも様々な表情がります、聖アンナ教会は後期ゴシック様式の傑作と呼ばれています。

聖ペトロパウロ教会は東ヨーロッパではバロックの真珠とされ、国内で最も重要なカトリック教会です。第二の都市カウナスは、日本人ツアー客も親近感を覚える場所があります。それが杉原記念館です。杉原千畝はリトアニアにいるユダヤ人にビザを発行した人で有名です。

日本の歴史にはあまり出てきませんが、リトアニアでは最も有名な日本の偉人で、政府の意向に背きながら命懸けでユダヤ人を救った杉原千畝を好きなリトアニア人はたくさんいます。またこの街には、画家のジムイジナヴィチュスが集めた3000以上の悪魔が展示されている悪魔の博物館もあります。パジャイスリス修道院は、イタリア人修道院が建設してもので、ドーム型の屋根から尖塔が突きつけています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *